人工知能AIは新しい価値を創造できますか?たと

Writer: admin Type: sudam Date: 2019-01-18 00:00
人工知能AIは新しい価値を創造できますか?たとえば今まで誰も証明に成功していないリーマン予想のようなものを人間に代わって証明するなんて可能でしょうか?それとも結局は単なる算盤に過ぎないものでしょうか?共感した1###出来ると思いますね。人間の脳も算盤だと思います。赤ん坊から老人になって行く過程で経験や知識が身につく、学習してる中で閃く閃きって経験則だと思います。ナイス0
###自動化された演繹法(ものを考える方法のひとつ)を考える学問のひとつの領域として、「Automated Theorem Proving」(ATP)という学問領域があります。この分野は60年前ほどに始められた分野で、有名な学会としてCADEとIJCARが知られており、これらについて調べればこの分野の最新情報を知ることができるでしょう。CADEではCASCと呼ばれるATP分野の年一回のコンペを行っており、ATPのさまざまな分野での競争がみられます。実際のところ、コンピューターが興味深い数学の問題を、人間の指導なしに証明するまでには、かなり時間がかかるだろうと思われます。ATP分野のトップの、もっとも賢い人々でさえ、ここ数十年間なんの成果もあげられていません。もちろん、彼らは機械学習やディープラーニングのような、ほかの多くのアプローチを用いました。いままでのATP分野における顕著な実績は、ほとんどが人間の指導によって得られています。たとえば、四色定理や、ロビンス予想の証明がその例です。2016年のCASCの「高次論理」分野(Higher-order logicと呼ばれていますが、日本語訳があってるかは知りません)では、任意の二項関係が最小再帰的閉包をもつことを証明する問題があったのですが、これはその分野を知っていればほとんど自明ですが、制限時間内に解くことができたものはひとつもありませんでした。ほとんど明らかなことすら解くことのできない人に、リーマン予想がどうして解けるというのでしょうか?ただ、微分積分学におけるε-δ論法による証明や、線形不等式などはコンピューターが解くことが得意な分野で、かなり早くとくことができます。ナイス0

 

TAG